3.11レスキュー日誌

1年以上過ぎた今も、20キロ圏内の動物達の保護、給餌活動を続けています。

ぶんぶん ・ お家に帰るの巻^^

   (報告


DSCF9078.jpg

   (2013・4月から飼い主さんより、お預かりしていた 
           ぶんぶんさん)

   *ふくふくして、まだまだ元気です。
    浪江では、事務所の主を務めていましたよ


DSCN2082.jpg

   (2014・5月頃・ひふみばぁちゃんと・・・)

   *飼い主さんは、おやじさんの仕事の先輩
    定期的にフードを置きに、帰宅されていました。
    2011・12月 ぶんの様子を確認しに行ったところ
    物置の藁を置く中二階から、降りてきたぶんさん
    フードは10袋も置いて有りましたが、人恋しさに
    足元に纏わりついて、離れなかったのです。
    このまま置いて来られず、飼い主さんには
    後日連絡をしようと、保護しました。


DSCN6734.jpg

   (くぅさんから戴いた、大好きなふかふかクッションで・・・)

   *結局、期間困難区域の状態で、まだまだ自由とは行かず
    紆余曲折ありましたが、自宅をシェルターとして
    犬猫の捕獲・保護を行って来ました。


DSCN3586.jpg

   ( ぶんさん と ヴィザンツ )

DSCN3587.jpg

   *唯一、我が家の飼い猫です。(白サバ)
    震災になる半年前に、生後2ヶ月位かな~
    私(代理)が拾って来ました。
 さんに「お前・とうとう猫にまで手を出したかぁ~」と言われ
   ました。

DSCN3589.jpg

   *ヴィザンツは、ぶんさんに甘えます。
    ぶんさんはヴィザンツをいつも可愛がってくれます。
    おかぁさんだと、思っているのかなぁ~

   「寂しくなるよねぇ~ ヴィザンツ・・・

   (ぶんさんが優しいのはヴィザンツだけですよー)


DSCN5738.jpg

   *ぶんさんも、寄る年波には勝てない様で
    去年の頃から、だんだんと体も変化してきました。
    食欲は普通に有りますが・・・

IMG_1273.jpg

   *やっぱり、最後の数年は飼い主さんと
    過ごさせてあげたいですよねぇ~

IMG_1278.jpg

  *そして、6/24・はれてお迎えとなりました。
  此処まで来るには、飼い主さんのいろいろな思いも有りました。
   新しい地で、これからは ぶんさんの暮らしが始まります。
   でも、大好きなおとぅちゃん・おかぁちゃんと一緒です。

    後日・連絡したところ、
    ベットで、寝ている事が多いそうです。
    新しいお家で、落ち着いているそうです。
    此処に居た時も、ほとんど寝てましたよ。

  ぶんさんが帰る時、物資で戴いたベット・フード・ちゅ~るを
      少しお渡しました。(報告まで)

      ヴィザンツが飼い主に甘える様になりました。


スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okomenokiwami.blog38.fc2.com/tb.php/383-7ccff655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

おやじ

Author:おやじ
動物を保護してます。

リンク集

このブログをリンクに追加する

訪問数

現在の閲覧者数:

検索

最新記事

コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

RSSフィード